arrow-right cart chevron-down chevron-left chevron-right chevron-up close menu minus play plus search share user email pinterest facebook instagram snapchat tumblr twitter vimeo youtube subscribe dogecoin dwolla forbrugsforeningen litecoin amazon_payments american_express bitcoin cirrus discover fancy interac jcb master paypal stripe visa diners_club dankort maestro trash
<
カラー:グレー
>
カラー:グレー
カラー:ライトグレー
カラー:ネイビー
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュヒップ/UNISEX
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュヒップ/UNISEX
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュヒップ/UNISEX
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュヒップ/UNISEX
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュヒップ/UNISEX
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュヒップ/UNISEX
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュヒップ/UNISEX
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュヒップ/UNISEX
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュヒップ/UNISEX
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュヒップ/UNISEX
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュヒップ/UNISEX
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュヒップ/UNISEX
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュヒップ/UNISEX
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュヒップ/UNISEX
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュヒップ/UNISEX
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュヒップ/UNISEX
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュヒップ/UNISEX
カラー:ライトグレー
ラッシュヒップ/UNISEX
¥7,700(税込)
あと¥10,000で送料無料
グレー
¥7,700
在庫あり
ライトグレー
¥7,700
在庫あり
ネイビー
¥7,700
在庫あり
10日間 返品・交換保証
サイズを選ぶ
グレー
在庫あり
¥7,700
ライトグレー
在庫あり
¥7,700
ネイビー
在庫あり
¥7,700

単体でも、組み合わせても
挟んで揺れを防ぐミニマムウエストバッグ

水やスマートフォン、グローブや家の鍵など、最低限のものだけを持ってランニングに出かけるとき、荷物は何に入れますか?

バックパックを背負うほどでもないし、ウエストにフィットするベルトタイプの収納ポーチは、収納できる量に限りがある。給水ボトルも入れられるランニングポーチは、ベルト部分が食い込んで付け心地が悪かったり、ボトルが揺れて走りにくかったりと、なかなか満足のいくものがありません。

そこで、パーゴワークスが考えたのが、「揺れない」ことを追求したランニングウエストバッグ、「ラッシュヒップ」です。

ランニング中の荷物の揺れを最小限に抑えるために、ラッシュヒップが考えた方法は「挟む」こと。

従来のランニングバッグは、ひとつの収納ポケットをベルトで腰に巻いていましたが、ラッシュヒップにはポケットが2つ。同じ大きさのポケットがコードで連結された、見慣れない形をしています。

ポケットの表面は薄手のストレッチメッシュ。開口にファスナーなどはなく、生地がフタ状に重なる仕様。

置いた状態だと中身が落ちないかと少し心配ですが、実際に装着すると体のカーブが上手く中身を押さえて安定感があり、中央にあるショックコードを引いて固定すれば、落下防止にもなり揺れも軽減できます。

ポケットの裏面は、バックパックのウエストベルトのような、しっかりと厚みのあるフォーム入り。荷物が体に当たって走りの振動を伝えることがありません。実はこのフォームが、揺れを防ぐのに大切な要素なのです。

PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュ ヒップ/ブルーグレー/UNISEX
PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュ ヒップ/ブルーグレー/UNISEX

では実際に身に着けてみましょう。2つのポケットで体を前後から挟むようにウエストに巻き付けて、バックルを体の左側で止めたら、ベルトを引いて体にしっかりフィッティング。

体の右側はショックコードになっていて、こちらだけで10㎝程度のサイズ調整が可能。バックル側でも27㎝ほどの調整ができるので、どんな体型の人でも問題なく使えます。

このように体を前後から、厚みのあるフォームで挟むような状態になるので、荷重が偏らず体全体に分散されて、揺れの発生を防ぐことができるのです。荷物にベルトが引っ張られて食い込んだり、走っているうちに回転してしまう不快感もありません。

PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュ ヒップ/ブルーグレー/UNISEX

しかもこのポケット、コンパクトに見えて500㎖のペットボトルが入るサイズ。フォームがしっかり入ったポケットにボトルを横にして収納することが、揺れを最小限に防ぐ最大のポイント。ボトルを入れる際は、背中側のポケットに入れるのがおすすめです。

PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュ ヒップ/ブルーグレー/UNISEX

また、付属のショックコードをパッド側にあるループに付ければ、ポケットの外にシェルやタオルなどを挟むこともできます。

しかも、このループの位置は、レースで着用するゼッケンのサイズに合わせて配置されているので、安全ピンなどを使って付けることができるという気の利きよう。

PAAGO WORKS(パーゴワークス)/ラッシュ ヒップ/ブルーグレー/UNISEX

もちろん単体で使ってもいいのですが、同じラッシュシリーズのレーシングベスト「ラッシュ5R」との相性は抜群。組み合わせて使えば、さらに多機能な収納計画が実現できます。

「ラッシュ20」や「ラッシュ30」など、背面が長いタイプのバックパックと合わせて使うなら、ラッシュヒップのポケットが、前後ではなく左右に来るように着ければOK。その場合はバックパックのウエストベルトと同じように、バックルが身体の前側に来るように装着しましょう。

毎日のジョギングなど、気軽なランニングや、レース時の容量アップに、ランニング以外にもハイキングや登山で使うサコッシュ代わりに使えば、体のバランスも崩さず、正しい姿勢で歩くことができます。

旅行のお供にも活躍しそう。ありそうでなかった、挟んで揺れを抑えるランニングウエストバッグに注目です。

スタッフレビュー

体にピッタリ密着して揺れの不快感なし

ファスナータイプに比べてものの出し入れも楽ちん

普段のロードランニングで、鍵やイヤフォン、スマートフォンなどを入れて利用しています。冬場は走っているうちにだんだん暑くなってきて、手袋やネックゲイターなどを外したくなることもあると思いますが、スマートな見た目ながら収納力が高く、結構かさばる防寒補助アイテムも楽々収納できます。パタゴニアの Houdini Jacket などもたたんで難なく収納できます。500mlのペットボトルも入るので、短距離のロードランならこれ一つで十分。体に密着させて使うので夏場はかなり汗で汚れますが、洗濯機で丸洗いできる点も気に入っています。

staff Nakashima

商品詳細

ブランド

PAAGO WORKS(パーゴワークス)

名称

ラッシュ ヒップ/UNISEX

素材

ストレッチメッシュ

重量

110g

容量

1L

サイズ

270X90X10mm

着用ウエストサイズ

63cm〜100cm

付属品

バンジーコード、コードロック

カラー

Glacier(ライトグレー)
Shadow gray(グレー)
Alpine blue(ブルー)

ショッピングカート